人気ブログランキング |

中国歴史小説と幻想的な恋の話


夢と笑顔と

c0039644_20391575.jpg


人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」

夢と笑顔と

激しいスコールは、
むせ返るバンコックの夜を
欲望と快楽の世界へいざなう
少女は底抜けの笑顔と
片言の英語で路地へ消え、
昼間は自分の夢の為、美容院で働き
夜は田舎の家族の為、
握り締める500バーツで
男に快楽を与える。
一片の涙も悲劇もなく、
需要と供給の世界
そこに横たわるのは、
はちきれるばかりの夢と笑顔と、
罹病率50パーセントのエイズ。

マニラの肌を刺し貫く陽射しを避け
高級ホテルの前
幼子は日陰をみつけて昼寝をする。
笑顔とともに差し出す手
旅行者は思わず10ペソを渡す。
どこからか幼い子達が群がり
憐憫の思いは恐怖へと変わる。
半端な哀れみと、生への欲望
くだらぬ価値感よりも、一握りのコイン
やがて、女の子は春をひさぎ、
男の子は外国人の荷物を狙う。

1998年ジャカルタ
民衆の怒りと投石が溢れ
火炎ビンと催涙ガスが交差した
国会議事堂前
金持ちはシンガポールに逃げ出し、
学生はイデオロギーを唱え
民衆は命を賭けて政治を変えた。
あれから5年
どぶ川の悪臭が漂よう倉庫街
少年は新聞の束を抱え、
信号で停止する車の間を走る
少女は民芸品の人形を持って
微笑みを浮かべ兄の後を追う
新聞一部売って一円の儲け、
人形は一個で5円
二人で一日働いても
ハンバーガーひとつにしかならない
それでも少年はそのお金を待つ
母親の笑顔を思い浮かべる。
少年の夢は学校で勉強する事
少女の夢はマクドナルドで食事する事だった。
父親はあの日以来家に戻らない。
by shou20031 | 2005-04-15 20:48 |

<< 写実的日本画の祖 円山応挙      放蕩息子第二弾  尾形光琳 >>

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧