中国歴史小説と幻想的な恋の話


<   2005年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧



NHK 世界美術館紀行 5

c0039644_2323773.jpg
NHK 世界美術館紀行5  ホイットニー美術館 フリック・コレクション バーンズ財団

千住博の本に刺激されてニューヨークの美術館を調べる為に借りました。それぞれの美術館の成り立ちや方針が書いてあって面白いのです。

ホイットニー美術館  アメリカの鉄道王バンダービルド家の娘で彫刻家であったホイットニーが当時評価されていなかったアメリカの現代美術を広めるために作った美術館だそうです。行ってはみたいですが、アメリカの美術はイマイチ良くわからない。

ニューヨークは5番街にあるフリック・コレクションは非情の経営者と言われたヘンリー・クレイ・フリック・のコレクションです。ルネッサンスから近代まで世界屈指の名画を所蔵する美術館の紹介です。レンブラントやフェルメールを3点所蔵していることで有名でもあります

バーンズ財団 NYから少し遠いですがフィアデルフィアにはアルバート・バーンズが設立した美術館があります。なんとルノワールを180点 セザンヌを70点も所蔵しているなんて驚きました。しかも一日に400人しか入館させないというのです。それも週に三日しか開かないのです。ここには絶対に行ってみたいのですが、完全予約制で突然の入館はできないのです。十年以上前に東京都美術館で特別展があったらしいのですが、見てないので残念です。


★★★です

一緒に「ニューヨーク近代美術館 350作品ガイド」
    「パリと七つの美術館」を借りました。

ニューヨークは新人賞を取った時のご褒美にしました。そうしたら寒い時期ではなく、遠慮しないで見に行けるしね。あは。いったいいつになるのだろう?でも頑張ります。
[PR]
by shou20031 | 2005-12-31 13:05 |


メリークリスマス



君は石畳の上にハイヒールの踵をうちつける
愛しさと苛立ちの思いが夜の街に響く

街は華やかに飾りつけられて
恋人は肩を寄せ合って笑っている
今夜会うことが大切だとは思わないけど
会えないあなたがただ愛しい
星の輝きさえかすむイルミネーション
冷たい風が大切な面影を連れ去る

ウッドデッキに響く靴の音は
突然届いたメールに駅まで走る君の姿

僅かに震える携帯にあなたからのメッセージ
小さな画面には少ない文字に溢れる想い
今夜会えることが大切だとは思わないけど
会える嬉しさに胸が震える
蒼く輝くダイオードライトさえ暖かく
冷たい風さえも心地よく頬をくすぐる



忙しいのか気が抜けてしまったのか、詩を書く気持ちにならなかったここ数ヶ月、久しぶりに頭に浮んだシーンを詩にしてみました。コメントにレスもしていないのに御免なさい。
今日はクリスマス。皆さんにとって素敵な日でありますようにメリークリスマス。
[PR]
by shou20031 | 2005-12-25 21:09 |


ニューヨーク美術案内

c0039644_8245851.jpg 千住博 野地秩嘉   「ニューヨーク美術案内」

 久々の本の紹介です。この本を読んだら俄然ニューヨークへ行きたくなりました。メトロポリタン,MoMA,ホイットニー、グッケンハイム、etc....締め切り終わったら2月の一番寒い時期チケットも安そうだし行ってきたいな~我が家の財務省と予算交渉しないと無理だ。どこかにスポンサーいないですか? なんて本の内容よりもニューヨークに行くことばかりに夢中です。

画家「千住博」の目を通した絵の解説なので非常にわかり易く楽しいのです。ゴッホやモネ、ルノアール、ピカソを彼の目が解説してくれます。あくまでも画家としての主観で解説してくれるので、わかりやすいですね。美術館の学芸員の糞面白くもない解説書の百倍楽しいです。この本を読むと我々は税金でなんであんなに面白くも無い学芸員(公共の美術館)を雇っていなければならないのかと思います。あはは余計な戯言でした。
この本を読んで名古屋までの新幹線の中とても幸せな気分になれました。
ニューヨーク行きてーな。
700円凄いお得な本です。光文社新書★★★★★最高です


お早うございます。久々にのんびりできたので更新してしまいました。この10日間小松に2往復、名古屋3往復あはは、その間に高速で神奈川の工場に3往復。ちょっとタレント並みの忙しさでした。しかし、人間それでもめげないのですね~自分でも恐ろしくなるほどです。人生色々ありますが、やる気を失わなければなんとかなります。皆さんも風邪を引かないようがんばりましょうね。
[PR]
by shou20031 | 2005-12-17 08:25 |


君はきっとこの空の下



君はきっとこの空の下オレンジ色の三日月を見ている
いつもは会えないけど
僕と君の距離は月ほど遠くない
ただ会えない寂しさが
僕と君との距離を月ほど遠く感じさせている

君はきっとこの空の下生まれたばかりの朝日を見ている
お早うと声を掛けられないけど
朝のメールが二人の思いを繋ぐ
愛しいと思えば思うほど
僕は人ごみの中で君の面影を探してる

君はきっとこの空の下で僕のことを想ってくれている
寂しいと言った昨日の電話
僕は深夜の高速道路を飛ばした
きっと朝日が見える頃
僕は起きたばかりの君の驚く顔を見る

人気blogランキング
訪れた方はここをクリックをお願いします。
「小説・詩の部門」



12月に入りるいきなり冬になったような寒さが続いております。今年は強力なインフルエンザが流行るといわれておりますので、くれぐれもお体に気を付けて下さい。いつもご声援をいただきありがとうございます。私の方はちょっと仕事がバタバタしており、なかなか小説が書けずにチョット焦っております。あともう少しなので気合をいれて頑張りたいと思っております。
[PR]
by shou20031 | 2005-12-07 21:57 |

    

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧