中国歴史小説と幻想的な恋の話


カテゴリ:芸術( 40 )



文人画の先駆者 祇園南海

c0039644_15125433.jpg

人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」

祇園南海(1676-1751)に持つべき友を学ぶ

  絵を見ればわかるように真面目な人なんです。正直この人のことを書くのは止めようかと思ったくらいです。でも風雅の気持ちを持っている天才詩人で十九歳年上の新井白石との素晴らしい友情を知っておいて欲しいのです。

  紀州藩医の息子として江戸で生まれ、木下順庵に程朱学を学ぶ。17歳の時に一晩で百編の詩を作ったと言う天才詩人でもある。新井白石、室鳩巣、雨森芳洲と共に木門の四哲と言われた。白石は同門の南海の詩を絶賛したという。天才詩人である。没後何冊もの詩集が出されている。蕪村は南海や柳沢淇園と交わることにより文人画の世界をさらに切り開いてゆくことになる。南海は父の隠居により、儒者として200石で仕える。
 しかし、25歳の時突然「不行跡」「放蕩無頼」で城下を追放され城下郊外の長原村で十年間蟄居を命じられる。若気の至りで南海は儒者として重役もしくは藩主の行いを痛烈に批判したのではないだろうか。ただ詩や絵を描いているだけでは蟄居は命じられない。
 おそらく自分の状況を友であり父親のような白石には伝えたのではないでしょうか。それも素晴らしい漢詩にしたのでしょう。血気盛んな十年間彼は自分の詩を絶賛してくれた白石に詩を送ることしかなかったのかもしれません。

 やがて徳川吉宗が藩主になると十年間の蟄居を解かれる。翌年朝鮮通信使の来日に公儀筆談として勤める。その功績により旧禄に戻される。南海は突然光明に照らし出される。
 
 それは、六代将軍家宣の儒者となった新井白石が吉宗に南海の才能を埋もらすべきではないと説き、さらに公儀筆談として南海を呼び寄せその実力を公けしたからなのです。持つべきはこう言う刎頚の友ですもし新井白石のような友がいなければ許されても歴史に祇園南海の名を残すことはなかったでしょう。
c0039644_1514574.jpgc0039644_15144312.jpgc0039644_1515234.jpg


 その後藩校設立の責任者となり、督学(校長)となる。76歳で亡くなるまで関西の碩学となり多くの知識人や文人墨客と交わる。池大雅や与謝蕪村は言うまでもなく、伊藤若冲、曾我蕭白にも影響を与える。南海の絵は正直面白くも何ともないが中国文人画を蕪村や大雅に伝えた功績は大きい。
著書に「一夜百首」「南海詩法」「南海詩訣」「詩学逢原」「湘雲鑚語」「明詩俚評」「南海先生詩文集」など数多くある。
[PR]
by shou20031 | 2005-05-14 23:42 | 芸術


錦絵の創始者 鈴木春信

c0039644_1622770.jpg

人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」

錦絵の創始者 鈴木春信(1725-1770)
江戸の生まれ、上方で西川祐信から大和絵を学ぶ。
役者絵や美人画を描いている。春信が独自の画風を示すのは絵暦の制作に関係したあとである。絵暦は月の大小だけを表した略暦で,江戸の俳人たちが趣向をこらして絵師たちにつくらせ,初春に配ったもの。文化人のひとり旗本の大久保忠舒(雅号・巨川)の年始会で配布する絵暦の製作に、鈴木春信が起用されました。巨川から注文を請けた鈴木春信は、同じ町内に住む平賀源内の指導を受けながら、工夫を重ね、遂に十色で刷り重ねられた華麗な多色摺版画を作り上げました。この多色摺版画(後の錦絵)絵暦が、大評判となり、錦絵の祖と呼ばれた。
c0039644_16251470.jpgc0039644_16262530.jpg


c0039644_1633069.jpg古歌の心を現代風俗に見立てたり,現存する茶屋の看板娘を描くなど,繊細優美な美人画は世にもてはやされ,短期間に多くの作品をのこした。もちろん他の絵師と同じように春画も沢山残していえる。 写楽が10ヶ月で150点以上の作品を描いたがそれを上回る僅か5年の間に質の高い千百点以上の作品を残した。当然のように過労によって45歳で春信は亡くなった。春信は相当な酒豪であり、死んだ原因も酒が原因の脳卒中であったようである
c0039644_2137641.gif

[PR]
by shou20031 | 2005-05-13 22:11 | 芸術


菱川師宣から浮世絵は始まった

c0039644_1742523.gif

浮世絵の創始者 菱川師宣(1618?-1694)
本名菱川吉兵衛。号友竹。
安房国保田(千葉県鋸南町)の縫箔業の家に生まれる。父は菱川吉左衛門。父は京都から安房に来たというがはっきりしない。日本が生んだ浮世絵の第一人者です。記念切手第1号で知られるご存知「見返り美人」を描いた人です。縫箔の下書きでなく本当の絵師になろうと志しました。若いとき江戸の出て狩野派、土佐派等の画風を学んで、その後挿し絵絵師となりました。菱川師宣の作品は墨一色の開板で「浮世絵」と呼ばれるようになります。後の菱川派の始祖です。
c0039644_22313711.jpg

師宣の描く美人は歌麿や栄之の描く8頭身ではなく6頭身である
c0039644_2232375.jpg

師宣の作と云われている「歌舞伎図屏風」
江戸で大衆文化が発達し、吉原などの風俗を描く絵本や版画が人気となった。その挿絵に画号を最初に銘記したのが師宣である。やがて挿画を一枚の摺り画として独立させ、後に浮世絵と呼ばれるジャンルを作り上げた。絵を主体にした版画が多数だが『見返り美人図』など、肉筆画も多く残す。出生年は分らないが、近年過去帳が発見され没年が分った。元禄7年(1694)6月4日没、)師宣の数少ないエピソードは当時女性を描ける唯一の場所吉原にい続けて絵か描き続けたことぐらいである。師宣の場合、無款作品(署名落款のないもの)にこそ良品がある。無款が多いが故に菱川師宣画と称されるものが数多く出回っている。
c0039644_22443977.jpg
師宣の本の挿絵と黒一色の浮世絵に彩色を施したもの。師宣の最大の功績は挿絵だった浮絵を一枚摺りの浮世絵にしたことである。
c0039644_2392473.jpgc0039644_205652100.jpg
[PR]
by shou20031 | 2005-05-12 21:25 | 芸術


将軍様の浮世絵師 鳥文斎栄之(ちょうぶんさい えいし)


c0039644_16545240.jpg

人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」


歌麿のライバル 鳥文斎栄之(1756-1829)

旗本五百石細田家の嫡男として生まれる。名は時富。当初木挽町狩野家の栄川院典信に学ぶ。西の丸御小納戸役として将軍に使える。栄之の名は10代将軍家治より与えられる。栄之に理解があった家治が亡くなると、栄之は34歳で隠居して好きな絵の世界に没頭した。御家人など下級武士が絵師になる例はあるが、れっきとした500石の旗本の当主が絵が好きであっても浮世絵師になった例はない。やはり相当な変人であろう。後に鳥居清長、喜多川歌麿らとともに三大美人絵師と言われる。
c0039644_1717795.jpgc0039644_17172149.jpgc0039644_17173528.jpg


c0039644_17243559.jpg 栄之を売り出した版元は芝神明前三島町に店を出す和泉屋である。和泉屋は貞享年間(1684~)に創業した老舗で、蔦重の強力なライバルであった。栄之は赤色抜きの「紅嫌い」と呼ばれるエキゾチックな版画を編み出し、和泉屋は蔦谷・歌麿の不振を尻目に栄之の美人版画を次々と売り出した。冒頭の絵はまるで現代の化粧品のCMかと思うようなデザインですよね。

ところが寛政十年を境に栄之はぴたりと浮世絵の製作を止めて肉筆画の制作に移行している。これは松平定信の推し進める寛政の改革による弾圧が細田家に及ぶのを嫌った為と言われている。武家のお家大事のしがらみから抜け出せなかった。やがて大窪詩仏、太田南畝、酒井抱一ら文化人と広く交わるようになる。

肉筆美人画に専念した栄之は旺盛な制作活動に入るが、浮世絵の世界からは忘れられてしまう。しかし栄之の絵は後桜町上皇が叡覧され手文庫に納められた。これを伝え聞いた栄之は自分の絵に天覧の印を用いる。
[PR]
by shou20031 | 2005-05-09 13:38 | 芸術


天才的デザイナー 河鍋暁斎


c0039644_20434193.jpg

人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」

河鍋暁斎(1831-1889)の名前をご存知ですか?

欧米では河鍋暁斎の名前は北斎と並ぶ浮世絵画家として知られています。
古河の米屋の次男として生まれる。父は江戸に出て御家人株を買い、常火消し同心となる。七歳に歌川国芳に入門する。十歳の時駿河台狩野派の狩野洞白に入門する。19歳にして洞郁の名前を与えられ独立した。この時暁斎は御殿女中の後を付けまわして着物の柄を書き写していたとか、近所で火事が起きた時、火消し同心の息子にもかかわらず、炎の燃え上がる様を描いていたという奇人ぶりであった。(実際に着物の図柄など膨大なデッサンが暁斎の下絵帳に残っている。)20歳の時秋元藩の絵師の養子となるが、酒の味を覚え遊郭で遊び、謡曲や狂言を学んだ。しかし度をすごした。22歳の時「「素行不良」で離縁となる。所謂若気の至りなんでしょう。
c0039644_2052967.jpg

c0039644_17395948.jpg
しかし暁斎は離縁されることによって狩野派を離れ新たな天地を得て戯画狂画を描くようになる。徳川家の崩壊によって狩野派の絵師は仕事を失うことなるが、暁斎は浮世絵師として乗り越えてしまう。やがて暁斎は戯画、風刺画家として大活躍する「風流蛙大合戦之図」は幕府と長州藩の戦いを蛙に演じさせている(一番上の絵)しかし明治3年酔って描いた風刺画が政府を批判したとして三ヶ月入牢して50回のムチ打ちの刑を受ける。これを機会に狂斎を暁斎(きょうさい)に字を改める。やがて鹿鳴館を設計したコンドルが暁斎の弟子となります。この時暁斎はコンドルから西洋画法を学んでいる。暁斎はデザイナーとして数多くの本の表紙や、便箋や千代紙、振袖、生活雑貨まで手がけているのである。
埼玉県蕨市には河鍋暁斎記念美術館があり暁斎の貴重なデッサン(下絵)数千点保存されている。また板橋区立美術館「江戸狩野派ってなに?」展にも暁斎の貴重な屏風絵などが展示してある。英一蝶も数点ありました。お近くの人はぜひ見てほしいです。ちなみに板橋区立美術館は無料。河鍋暁斎記念美術館は300円(大人)の入場料です。


c0039644_17344799.jpg

[PR]
by shou20031 | 2005-05-06 18:46 | 芸術


やんちゃな 与謝蕪村

c0039644_23301728.jpg

やんちゃな与謝蕪村(1716-1783)
人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」

大阪に生まれるが江戸に出て早野巴人に俳諧を学ぶ。松尾芭蕉、小林一茶、と並ぶ江戸三大俳人の一人「菜の花や月は東に日は西に」は代表句。
与謝蕪村は俳諧の人である。やがて文人画を独学で学び俳画といわれるジャンルを確立した絵師でもあった。
c0039644_125957.gif本来俳諧師は漂泊の人であり、蕪村も「一所不住」を唱え27歳の時江戸を出て関東、東北を旅する。30歳の時剃髪して「釈蕪村」称する。36歳の時京都に移り文人画に俳句を添えた俳画を描きだす。宮津に三年留まり画を本格的に学んだ。但し師についたわけではなく独学である。寺院や富家に秘蔵されていた絵を模写しまくったようである。若冲の一千枚に匹敵する。弟子の描いた蕪村の肖像
そして我らが蕪村やってくれました。これまで浮いた話のなかった蕪村が、この宮津の時期に女性の噂もちきりなのです。中には女性の家に画室を設けた方もいたとか。結構やるときゃやる蕪村でした。

c0039644_20581671.gifそして42歳「一所不住」を唱えていた蕪村が結婚して京都に居を構えます。
55歳の時に俳人として夜半亭二世を継承する。上の絵は蕪村が尊敬していた芭蕉の「奥の細道図屏風」個人的に好きな「雪中鴉図」が切手になってるのは嬉しい。
59歳の時押しも押されぬ文人画家となっていた蕪村は文人画の巨頭、池大雅と競作形式で「十便十宜図」を描くが、評判は大雅のほうが良かった。しかしこの悔しさが、後に蕪村に最高傑作「夜色楼台図」を描かせる。解説書を読むとこの画には様々な技法が使われているらしい。安穏と生きている自分は悔しさをばねに傑作を残した蕪村の生き方に学ばねばならない・・・・と思っているだけである。


c0039644_23471059.gif

[PR]
by shou20031 | 2005-05-03 23:02 | 芸術


書と画の大家 池 大雅(いけのたいが)

c0039644_192158.gif


飛んでる夫婦 池大雅(1723-1776)

与謝蕪村とともに文人画(南宋画)の大家と言われた。
京都の町人の子として生まれる。幼くして書をよくして7歳の時,宇治黄檗山万福寺で書いた書が神童として賞賛された。絵は土佐光芳に学んだ。15歳にして扇屋を開き自分の書いた画を売って生活を始める。祇園南海、柳沢淇園、彭城百川などの知遇を得て文人画家として大成する。池野姓を中国風に池に改める。ここに大雅出生の疑問がおきる。貧しい町人の子が七歳で神童と言われるような書を書き文化人と知り合いになる機会があるだろうか?大雅は公家の隠し子であったとも言われている。

c0039644_19345996.jpg

妻の玉蘭も絵師でオシドリ夫婦だったのだが、住んでた場所もお墓も別。古い慣習に縛られているような京都で凄い事である。玉蘭は母も祖母も歌人という町人だかインテリの家系である。こう言う女性を妻にする場合は意外と同居しないのが良いのかも。大雅から我々能無し男への提言かもしれない。
大雅はお金に苦労したわりには勘定は大雑把だったらしく、大きな水瓶の中に画の代金を入れさせ、そこから紙や絵の具、八百屋、魚屋は代金を持って行ったと言う。かなりいい加減な性格である。
c0039644_1945823.jpg

大雅の画に幕末の偉人佐久間像山の賛のある山水画。名画に賛を書き加えるなど自信家の像山ならではだ。
国宝「十便十宜図」は大雅が十便図としてを与謝蕪村が十宜図をそれぞれの理想郷を描いた図である。当初は大雅の十便図の評判が高かった。

c0039644_9233734.jpgc0039644_9235740.jpg
[PR]
by shou20031 | 2005-04-29 00:58 | 芸術


五十歳にして全てを捨てて文人となった 浦上玉堂

c0039644_2128967.jpg

五十にして起つ浦上玉堂(1745-1820)

岡山の下級藩士生まれる。若くして弾琴の名手として日向延岡藩主に教授する。詩や書や雅楽まで造詣が深いかった。岡山鴨方藩の大目付まで出世するが失脚する。そしてなんと50歳にして脱藩して文人墨客との交流を深める。文人画家玉堂の名前が世間に知れるのは60代を過ぎてからです。玉堂は真面目な性格が評価され大目付まで出世した能吏であった。しかし理由は明らかでないが何らかの理由で失脚した後、藩籍を捨てて、文人墨客として名を成す道を選んだ。堅実な人だったらしく金に瀕した跡がみられず、常に糊口を凌ぐ道を確保していた。詩集を二冊出版している詩人でもある。
c0039644_2128473.jpgc0039644_2205173.jpg


玉堂の作った七弦琴と浦上氏の祖は竹内宿禰だと言う自筆の系図。信じるかどうかはあなた次第です。
浦上玉堂が文人として京都に出てきた時には文人画家の双璧与謝蕪村と池大雅は亡くなっていた。晩年には押しも押されぬ文人画の大家として知られた。
c0039644_22192221.jpgc0039644_22194336.jpgc0039644_22204766.jpgc0039644_22312419.jpg


c0039644_2340115.jpg
もとより玉堂の絵は蕭白や蘆雪のように師匠について習い覚えた画ではないが、それゆえに何事にも捉われない自由闊達な筆使いが素晴らしい。俺にも描けそうだと思った方がいたら描いて見て下さい。描けそうで描けないのが文人画なのです。玉堂は旅に出て多くの文人墨客と交わり京都で七十六歳で亡くなった。墓は本能寺にある。
左の絵は国宝になった「東雲篩雪」川端康成記念会蔵
玉堂の母はこれからの武士は武芸よりも学問が出来なければならないと孟母と言われたほど、彼に対して激しく学問をさせた。しかし、玉堂の興味は詩画や弾琴に向いていた。皮肉にも失脚後の彼の生活を救ったのは詩画弾琴の芸だった。自分が会社を離れた時身を助ける芸がないことに鳥肌が立つ。
[PR]
by shou20031 | 2005-04-26 12:20 | 芸術


三度破門された絵師 長澤蘆雪

c0039644_2142415.jpgc0039644_21422392.jpg


人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」

円山応挙に三度破門された長澤蘆雪(1754-1799)
丹波笹山の下級武士の子として生まれる。円山応挙に絵を学ぶが、一度ならずも三度も応挙に破門されているらしい。その理由が応挙に書いてもらった手本をそのまま持参して直しを受けたところ、これは良くないと、言って師の応挙が直した。そこで今度自分が清書してもってゆくとこれはよろしいといわれた。これを得意げに蘆雪が仲間に言ったのが、師の応挙にばれて破門になったと言う。真面目な応挙の性格と悪戯好きな蘆雪の性格が出ている話である。それにしても三度も師の許しが出たことは蘆雪の性格の可愛げさなのだろうか。二十九歳の時に「平安人物誌」に師の応挙とともに名を挙げられている。その四年後紀州の無量寺で蘆雪の最高の作品となる虎図襖絵を描いている。正直人を馬鹿にしたような虎である。虎のような威厳がないし、どう見ても大きな猫である。しかしこの愛らしさは画家の持っていた個性としてみると凄いと感じた。長澤蘆雪は多趣味多芸の人だったらしく、剣は言うまでもなく馬術水泳音曲まで得意だったらしい。蘆雪は46歳の時大阪で毒殺されたのであるが、諸説あるが、淀藩主があまりにも蘆雪を可愛がるため他の藩士が毒殺したらしい。この話を読んだ時、「虎」を思い出してしまった。あんな無邪気な虎を描ける人間は賞賛と同時にそれ以上強い妬みを受けるのかもしれない。
c0039644_17264317.jpg



上の絵は円山応挙の「牡丹に孔雀図」を手本にして描いた絵です。比較して見て下さい。虎図のような無邪気さが全く無いのです。蘆雪は師の応挙を離れることにより自分のオリジナリティーを開花させたのかもしれません。長澤蘆雪の作品は紀州の寺に数多く残っている。残念なのは蘆雪の写真がネット上で公開されていないことである。紀州に足を運ぶ機会がありましたら彼の絵を見て下さい。蘆雪は蕭白とは逆で晩年になると絵がグロテスクになって行った。
c0039644_17134897.jpg
ここに掲載することは出来ないけれど蘆雪には素晴らしい山水画や美人画があります。もし彼が江戸に出て浮世絵を描いたならばきっと素晴らしい浮世絵師となってしたのかもしれないと思うのは私だけでしょうか?蘆雪は以前紹介した喜多川歌麿とほぼ同年代なのです。
[PR]
by shou20031 | 2005-04-23 21:04 | 芸術


もう一人の奇想の画家 伊藤若冲

c0039644_23421770.jpg


人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」

伊藤若沖(1716-1800)

奇想の画家と言う意味では私は曾我蕭白と伊藤若冲が双璧だと思っている。
生まれは光琳や蕭白のように裕福な京都錦小路の青物問屋の長男として生まれる。
光琳は放蕩三昧で家を潰し、蕭白は幼くして家が潰れてしまう。若冲は放蕩もしなかったが、芸事にも学問にも商売にも興味がなかった。40歳になると若沖は弟に家業を譲り、隠居して好きな絵だけを描いた。元来人付き合いが苦手だった若冲は髪を剃り、生涯妻子を持たなかった(なんで?)。絵は狩野派に学んだが、飽き足らず宋元画を何と1000枚模写したと言われています。私の大好きな、ちょっと変っている人間の匂いがします。

若冲の絵と言えば濃厚な色彩の鶏の絵が有名ですが、「動植彩絵」、以前私はこの絵が大嫌いでした。あまりにも強烈な色彩に感覚が麻痺してしまうのです。まるで怨念のような妖気がこもっているとしか思えない朱の使い方です。放蕩するわけでもなく、商売に専念するでもなく、妻帯もしないで、出家して寺に入って修行するわけでもない。ただ自分の好きな絵だけを描き続けてました。若沖は「私の絵がわかる人間が現れるまで千年待とう」と言って「動植彩絵」三十幅をお寺に納めた。おそらく若沖は芸事も学問も人に誉められたことがなかたのではないでしょうか。もしかしたら彼は本来自己顕示欲の強い人間だったのではないであろうか。唯一、絵だけが彼の生きてく支えであり、その表れがあの朱色だったのかもしれない。

c0039644_2346317.jpgc0039644_2348987.jpgc0039644_09617.jpg



好きなのは「菜虫譜」に描かれている蛙の絵です。「動植彩絵」の妖気から解き放たれたようなユーモラスな表情です。最近若沖の本が出版されたばかりですから気になる方は見て下さい。きっと好きになると思います。若沖の彩色図は濃厚ですが、水墨画には軽妙なユーモアがあるのです。
c0039644_0235100.jpg

下は「蔬菜涅槃図」釈迦涅槃図を野菜で描き出した快作です。二股大根が白い体を横たえて釈迦を演じていますが、この絵は若冲の亡くなった母の冥福と家業の青物問屋の繁栄を願ってお寺に納められました。やがて彼の絵は評判となり六十代の頃、職業絵師でもないのに京都では円山応挙と並ぶ絵師として評判を得ました。晩年彼は自分の絵一幅と米一斗を交換して石仏を作りました。それが石峯寺の五百羅漢として今でも残っています。若沖は八十四歳の長寿でした。
c0039644_0104479.jpg
[PR]
by shou20031 | 2005-04-21 21:30 | 芸術

    

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧