中国歴史小説と幻想的な恋の話


カテゴリ:本( 47 )



私の中国歴史小説の原点です。

今夜は中島敦の「李陵」を読んで好人物について考える
c0039644_22383831.jpg
李陵は国語の教科書に出ていた。中国の辺境な地を叙情的な文章で描き出した名作。(新潮文庫)
読み返してみればあの時この描写に感動したのかもしれない。中島の文章は読めば行ったこともない辺境の地に自分が立っているかの錯覚に陥る。名文とはまさにこれを言うのであろう。


人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」

史記の著者、司馬遷は武帝に対し将軍として果敢な匈奴と戦って捕虜となった李陵を漢の宮廷にあって唯一人褒め称えたために宮刑(宦官)にされてしまった。そして宮刑を受けた司馬遷が呪うものは好人物であった。好人物は姦臣や酷吏よりも始末にわるい。何か事が起きても弁護もしなければ反駁もしない。その上反省もなければ自責もない。お人よしというのは阿諛迎合をしてもその自覚さえないのだと罵倒している。

周囲に「いい人」と言われて安心している方々。始末に悪いのはあなた達なのだそうだ。いやいや司馬遷が言っているのです。。
[PR]
by shou20031 | 2005-04-09 15:14 |


今夜は夏目漱石 「夢十夜」を読む

夏目漱石を読んだのは中学一年

人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」

c0039644_1626315.jpg
夏目漱石を読んだのは、もう三十年以上も前です。たしか全作品を読破したつもりになっていたが先日友人が夢十夜を読んだと言ったのを聞いて、内容に関して全く思い出せない事に気付いて再読してみた。(岩波文庫)
そもそも夢の話だから脈絡があろうほどもなく、全く文意も何も理解できなかった。
たぶん漱石も実験的に書いた作品ではないだろうか。この作品で何か伝えたいものがあるのだろうかと期待してはいけない。所詮夢の話である。

ただ第一夜の恋人であろう若い女性が末期の言葉に「百年待って下さい」百年待ったら逢いに来ますと言う言葉は素敵だった。内容は期待してはいけない。
[PR]
by shou20031 | 2005-04-02 21:33 |


最近はまっている図解シリーズ

図解人生がうまくいく人は図で考える

人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」

c0039644_11444737.jpg
こう言う本を読むとは何と人生を安直に考えているの奴なのかと叱責を受けそうなのですか、最近図解シリーズにはまっています。A4版で大きくて見やすくお値段もだいたい¥1000
年を重ねると物事を考え出すと雑念ばかりが浮んで、シンプルに捉えられなくなるのです。

社会人になったばかりの頃、報告書は一枚で書き上げる、複雑な流れは図解しろと言われたにも拘らず、だらだらの図解なしの報告書を書き続けました。あ~あの時上司に言われていた通りにしとけば私は人生がうまくいってたのだろうな~。

c0039644_11563898.jpg
手帳に関する本も仕事に関する本も最近は図解シリーズが花盛り。
手帳に関しては、今年になって10冊は読みましたが今ひとつ自分のような大雑把な人間には無理な事ばかりでした。

基本的に性格に問題があるのですよね


c0039644_1225142.jpg
野望の本です。見た瞬間にご購入本です。いつかはベストセラー作家を目指す私には必読。少ないファンをいかに増やすか。たいして面白くもない小説をどうやって売るか。毎晩妄想中
叶う叶わないは問題ではないのです。いかに夢を楽しむかが問題なのです。
言い訳大将
[PR]
by shou20031 | 2005-04-02 12:41 |


今夜は交渉術に関して

ヤクザも唸る「いい人」のための裏切りの実戦心理学

人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」

c0039644_2323239.jpg

まず著者の向谷匡史氏が「いい人」とは相手にとって都合のいい人と定義している。
「いい人」は自分の評判を気にするから自我を殺し、腹が立っても笑って許す。
憎まれっ子が世に憚り、「いい人」は踏み台にされ、恩を仇で返され、縁の下で朽ちるのだそうだ。そうならない為に著者は「いい人」に対して踏み台にされたり、恩を仇で返されないための裏切り方を、初級、中級、上級とわけてその裏切り方を説いている。
「いい人」と普段から言われている人は必見の書ではないだろうか。
幸いにして「人の悪い」と噂される私は中級まではあまり参考にならなかった。サラリーマンの常識レベルでした。流石に上級は少しですが参考になりました。


c0039644_9401111.jpg
まだ読んでいないのですが会社の上司との人間関係に悩んでいる方には必読かもしれません。上司だけでなく部下との関係にも活用できますよね。この本を読んだ部下にどう対応するか中間管理職にも効果的かもしれません。
だれか読後感想聞かせて下さい!!



尚、著者の向谷氏は「銀座ナンバーワンホステスはどこに眼をつけるのか」
             「図解 ヤクザの必勝心理術」
             等々がある。
[PR]
by shou20031 | 2005-04-01 23:55 |


たまにはビジネス書を読む


c0039644_185527.jpg


「朝90分で稼ぐ人の仕事と生活成功ノート」高橋徹治



人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」



1.朝方人間のメカニズム
2.成功へ導く朝の仕事術
3.朝型への脳内能力開発法
4.早朝スタートの時間管理術
5.朝が決め手の情報活用術
6.スピード合格への早起き勉強術
7.自分のからだ朝型改造計画

 仕事を終えて夜書くよりも朝早く起きて小説を書こうと思ったことがありました。狭い我が家では私が早く起きると迷惑だと言うことで断念した覚えがあります。言っていることはわかるのだけれど環境が許さないんだよね~

人間の体はそもそも朝型に出来ているという論理で展開されている本です。
夜型人間には意味ないのかな?
[PR]
by shou20031 | 2005-03-31 23:18 |


シンガポールへの飛行機の中での読書

c0039644_1838599.jpg


人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」



絡新婦の理(じょろうぐものことわり)京極夏彦

シンガポールまでの7時間の飛行時間に読もうと買ったのですが、あまりの厚さに読む前からちょっと腰が引けてます。しかし、京極氏は毎回1000ページ以上の作品を良く書きますよね。
それに良く調べてあるし、尊敬する小説家です。私は300ページを越えると書くことに飽きてしまったりするので、今回は作品をどうやって長く書くか勉強することにします。

ここからはシンガポールで書きました。
やってしまいました。読み初めて50ページして、あれ?なんか読んだ記憶があるな~
そうなんです。二冊目御購入をしてしまいました。
いかんな~読書メモを付けなければいけませんね。
[PR]
by shou20031 | 2005-03-21 22:39 |


最近はOLもすなるミニ盆栽

c0039644_14375011.jpg


人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」


今日はミニ盆栽の世界


c0039644_19504478.jpg
最近は女性雑誌にもミニ盆栽の記事が出ているのを見てびっくりした覚えがあります。
今日は思わず「ミニ盆栽」原由紀子さんの本を借りてしまいました。
写真は 群境介と幸子さんのホームページから借用しました赤松のミニ盆栽。沢山の種類のミニ盆栽が出ています。興味のある方は覗いてみて下さい。失敗しないミニ盆栽などきめ細かな説明があります。さすがはミニ盆栽界の第一人者。

そして、この下がその一年前に入手した姿だそうです。プロの手にかかると凄いですよね。

ガーデニングは好きだけど庭もベランダもないと言う一人暮らしの女性が可愛いミニ盆栽の
世界に嵌っているのだそうです。癒しの世界なのでしょうか。

c0039644_14381743.jpg

二年前に亡くなった親父が盆栽を育てていました。十代の頃は反発ばかりしていた親父でしたが、あの頃の親父と同じ年齢になった今、少しずつですが親父の気持ちが解ってきました。
親父ってこんな想いで自分を叱っていたんだなって思うと、親孝行しておけば良かったっと思います。実家には親父の残した植木やら盆栽が誰も面倒を見ないまま残っています。
少し持って来て面倒みようかな。

c0039644_14484969.jpg

たった樹高16cmの世界に巨木の風格があります。
[PR]
by shou20031 | 2005-03-20 14:41 |

    

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧