中国歴史小説と幻想的な恋の話


カテゴリ:大人になるための小道具( 2 )



今晩のワイン

c0039644_18353100.jpg

今晩はサッポロポレール「うれしいワイン」290円です
ライトボディの「赤」ちょっと甘口な感じです。深みはないけどこれで十分酔えます。
c0039644_1847796.jpg


あんまり安いワインの話だと興味を失うでしょうから。
我家秘蔵のワイン
シャトーラファイエット ロトシルド’85
シャトームトン ロトシルド’85

息子の結婚式にでも飲みますか~

人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」
[PR]
by shou20031 | 2005-03-12 18:53 | 大人になるための小道具


ワイン好きなんですけど、お酒弱いのです。


c0039644_15374938.jpg

二月末に松本に出張したときに駅の酒屋さんで買ったのがこのワイン。
林農園の五一わいん「龍眼樽醗酵」
人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」



辻 静雄「ワインの本」を初めて読んだののはもう二十年も前の話です。
その本をバイブルのように読み込み飲んだこともないワインの薀蓄を話していたのはバブルの全盛期。世の中がやれブルゴーニューだボルドーだと騒ぎ出すと、天邪鬼の私は日本のワインの本を読んで薀蓄を披露していたような覚えがあります。今思えば超恥ずかし~い。

 でもあの頃を思えばワインを飲む人随分増えて、ちょっと耳をすませば、どっかで薀蓄をしゃべってる声がきこえたりしますよね。
おいしく手軽に飲めるワインも随分増えました。バブル期にはデパートの地下にあった国産ワインのコーナーが最近消えてしまったのが凄く残念です。
昔はお気に入りの「ルバイヤート」は小田急の地下で買えたのにな~

 今手に入れようとしているのは、山ぶどうワイン。ちょっと渋めに豚の角煮やブリの照り焼きでも突つきたいな~それも気の合う仲間と飲むのが一番美味しい。

生産者の方のご苦労を思うと言えないのですが、日本のワインは高いような気がします。
毎晩飲むワインは500円未満で買える大手のワインや輸入物となってしまいます。
「龍眼樽醗酵」は1500円だったかな。3週間たっても、もったいなくて開けられません。
[PR]
by shou20031 | 2005-03-12 16:16 | 大人になるための小道具

    

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧