中国歴史小説と幻想的な恋の話


浦上玉堂展

c0039644_182668.jpg先日実家に線香を上げに行った折に千葉市美術館で浦上玉堂展をやっていたので見てきました。
浦上玉堂は以前ここでも書いたのですが、五十代にして武士を捨て文人墨客として生きる事を選んだ彼の生き方には自分としても戦慄するものを感じました。
我々サラリーマンはいつかは引退して自由人として行きたいと願うものですが、玉堂はこれほどの才能を持ちながらも生活には苦労していたようです。
今の自分を振り返るとまだまだ駄目な自分に歯軋りをするばかりです。

展示してある作品に関しては十分に満足させていただきました。しかし、狭い空間に沢山の作品を展示しているために少し食傷気味になった気がしたのは残念です。まさにポスターのような状態で展示されていました。上の階で所蔵展をしていたので仕方ないのかもしれませんが、もう少しゆったりしたスペースで展示して欲しかったです。
所蔵展にありました歌麿の肉筆画「納涼美人図」は素晴らしかったです。
千葉に行く機会がありましたらぜひ見ることをお勧めします。
c0039644_18243747.jpg


どしてもコメント欄に変なものが毎日数十件ずつ書き加えられてしまいます。申し訳ありませんが暫くの間コメント欄を閉鎖させていたがくことをご了解ください。管理不足で誠に申し訳ありません。
[PR]
by shou20031 | 2006-11-05 18:02 | 芸術

<< オルセー美術館展      美術館商売 >>

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧