中国歴史小説と幻想的な恋の話


君はレオナルド・ダ・ヴィンチを知っているか

c0039644_18392352.jpg
君はレオナルド・ダ・ヴィンチを知っているか 布施英利 
ちくまプリマー新書

レオナルド・ダ・ヴィンチと言えば「モナリザの微笑み」ですよね。後は天才科学者だったこと。二十年前にダ・ヴィンチの素描展と言うのを見た記憶があります。
 ダ・ヴィンチは私生児であったことは知らなかった。さらには芸術家にありがちな女性との噂が極めて少なく一度も結婚もしていないのだそうです。しかもかなりのイケメンだったようでしばしば文献に彼の美貌が書き残されているのだそうです。しかも同性愛だったらしいと言うちょっとショックな記事もありました。
 宗教画以外に女性を描いた絵は「モナリザの微笑み」「ジネヴラ・デ・ベンチの肖像」「白貂を抱く貴婦人」の三点なのですが「モナリザ」以外の女性の表情があまりにも硬すぎるのです。女性の持つ優しさを全く感じられないのです。だからホモと言うわけではないのでしょうが・・・・確かに「モナリザ」以外の女性の肖像画は本当にダ・ヴィンチが描いたの?って言うくらい酷いのです。宗教画の女性の表情は凄く優しいのに本当に不思議です。「微笑みの謎」にも触れるのですがこの文章はちょっと凡庸かな。
 
 さらにはダ・ヴィンチは何故死体を解剖して絵を描いたのか?子宮の中の胎児の姿まで描いてある。つまりそれはどう言う事なのかとか。ちょっと鳥肌が立つような話題もあります。科学者としてのダ・ビンチに触れています。
 
 ダ・ヴィンチの絵が所蔵されている美術館の話題から世界で一番美しい美術館かどこであろうかと言う話になって筆者はロシアのエルミタージュ美術館ではないかと書いてあったのが、私の行ってみたい病に火を付けました。ニューヨークの次はエルミタージュ美術館に行きた~い!

レオナルド・ダ・ビンチを再確認するのにちょうど良く、あっさりと読みきれる量です★★★です。



一緒に借りた本「モナリザへの旅」 中丸 明
1911年「モナリザの微笑み」が盗まれた話から始まり、有名な盗難事件の内容から「モナリザ」が描かれたルネッサンスの背景まで面白可笑しく書いてあります。ダ・ビンチが同性愛だったことは有名だったのですね~ボティチェリもそうだったのだそうです。裁判の記録があるって言うのが説得力があります。クリスチャンには文句を言われそうですが各地に残っている聖母マリアのモデルは高級娼婦であったと言う話も驚きです。
[PR]
by shou20031 | 2006-01-21 20:10 |

<< 江戸の料理と食生活      バーンズ・コレクション >>

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧