中国歴史小説と幻想的な恋の話


NHK 世界美術館紀行 5

c0039644_2323773.jpg
NHK 世界美術館紀行5  ホイットニー美術館 フリック・コレクション バーンズ財団

千住博の本に刺激されてニューヨークの美術館を調べる為に借りました。それぞれの美術館の成り立ちや方針が書いてあって面白いのです。

ホイットニー美術館  アメリカの鉄道王バンダービルド家の娘で彫刻家であったホイットニーが当時評価されていなかったアメリカの現代美術を広めるために作った美術館だそうです。行ってはみたいですが、アメリカの美術はイマイチ良くわからない。

ニューヨークは5番街にあるフリック・コレクションは非情の経営者と言われたヘンリー・クレイ・フリック・のコレクションです。ルネッサンスから近代まで世界屈指の名画を所蔵する美術館の紹介です。レンブラントやフェルメールを3点所蔵していることで有名でもあります

バーンズ財団 NYから少し遠いですがフィアデルフィアにはアルバート・バーンズが設立した美術館があります。なんとルノワールを180点 セザンヌを70点も所蔵しているなんて驚きました。しかも一日に400人しか入館させないというのです。それも週に三日しか開かないのです。ここには絶対に行ってみたいのですが、完全予約制で突然の入館はできないのです。十年以上前に東京都美術館で特別展があったらしいのですが、見てないので残念です。


★★★です

一緒に「ニューヨーク近代美術館 350作品ガイド」
    「パリと七つの美術館」を借りました。

ニューヨークは新人賞を取った時のご褒美にしました。そうしたら寒い時期ではなく、遠慮しないで見に行けるしね。あは。いったいいつになるのだろう?でも頑張ります。
[PR]
by shou20031 | 2005-12-31 13:05 |

<< ホルスト・ヤンセン展ー八王子夢美術館      メリークリスマス >>

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧