中国歴史小説と幻想的な恋の話


「まほろばの風」「荒蝦夷」 熊谷達也

「まほろばの疾風」「荒蝦夷」 熊谷達也


東北を書き続けた作者の当然の帰結として大和朝廷に侵略されてゆく東北の蝦夷(えみし)の姿を二冊とも書いたものです。最初に「まほろばの風」を書いてその数年後「荒蝦夷」を書いたようです。
多賀城を蝦夷鎮撫の橋頭堡にした天平年間の話です。坂上田村麻呂が征夷大将軍になる前後の時代設定になっています。陸奥や出羽のそれぞれの蝦夷の部族が大和朝廷に服するほうが自己の権益を拡大できるかできないかで蝦夷同士も対立してしまいます。やがて大和朝廷の東北地方征討の根拠地多賀城を襲うアテルイの反乱がおこります。

「まほろばの疾風」はアテルイを主人公としたもので独立心の旺盛な蝦夷の部族をまとめて大和朝廷と戦う姿を描いています。大巫女モレとの最後の姿にはちょっと胸がジーンと来てしまいました。

「荒蝦夷」はアテルイの父親で大和朝廷から官位までもらっていたアザマロを主要な登場人物としたものです。アザマロが蝦夷をまとめあげるその智謀と策略に胸が躍りますが、最後のシーンがどうしてそうなるのかな~って思ってしまいます。しかし「まほろばの疾風」を書き終えた作者が納得できずに書き直した結末なのですからしかたないか~


この時大和朝廷に服さず蝦夷としての誇りと文化を持ち続けようとした人々のの末裔がマタギでありサンカであるというような仮説を立てているのでしょうか?一連の熊谷小説を読んでいるとそんな感じを受けました。

(5点満点中両方とも★★★☆です)☆は半分

人気blogランキング
訪れた方はここをクリックをお願いします。
「小説・詩の部門」
[PR]
by shou20031 | 2005-09-26 22:14 |

<< マンハッタンの怪人      「邂逅の森」 熊谷達也 >>

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧