中国歴史小説と幻想的な恋の話


「邂逅の森」 熊谷達也

c0039644_184666.jpg「邂逅の森」 熊谷達也

作者である熊谷達也はこの作品で直木賞を受賞しました。この作品映画化出切るのだろうか興味あるな~正直に言いいますとそんなに期待してなかったのです。「相剋の森」の終わり方納得してなかったですしね。でも頭をガツンとやられました。正直この一作は読んで欲しいな。

ストーリーは明治を末期から昭和初期までの東北のマタギの生活を描いています。マタギの次男の富治は身分をわきまえず地主の一人娘文枝と恋に陥りますが、文枝の父親に反対され鉱夫として村を出ます。しかし地中で穴を掘る生活に耐え切れずまたマタギへの生活へ戻ろうとしますが、様々な試練に立ち向かい、イクと言う女性と夫婦となりやがてマタギの頭領(スカリ)となってゆきます。文章の端々に出てくる東北地方の農村の貧しさと山の恵の対比が面白いですね。田畑を持たないマタギが一冬の獲物で一年を過ごす金を得るのです。それも全ては山の恵みとして真摯に山の神に感謝するマタギの習慣が描かれているのですが。これは壮大な恋愛小説でもあるのです。最後の熊との戦いのシーンは圧巻です。

この作品は「相剋の森」と話が繋がっているのです。「相剋の森」の編集者美佐江と文枝の関係なんか結構ルーツぽくていいですね。

(ここまで言えば星★★★★★です)

人気blogランキング
訪れた方はここをクリックをお願いします。
「小説・詩の部門」


誠に勝手ながら集中して作業をしたいために10月末までブログの更新が著しく遅れることをお許し下さい。皆様のブログには時々お邪魔しますのでそのときにはよろしくお願いします。
再開したらまたよろしくお願いします。
[PR]
by shou20031 | 2005-09-19 18:00 |

<< 「まほろばの風」「荒蝦夷」 熊谷達也      「漂泊の牙」 熊谷達也 >>

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧