中国歴史小説と幻想的な恋の話


誰もが知ってる ルノアール

c0039644_21551079.jpg


誰もが知ってる オーギュスト・ルノアール(1841~1919)
 
c0039644_21565097.jpg人気blogランキング
訪れた方はここをクリックをお願いします。
「小説・詩の部門」
 

仕立て屋の息子として、南フランスの陶器の産地として有名なリモージュに7人兄弟の6番目として生まれた。3歳のときパリに移住、サン・トスタッシュ大聖堂の聖歌隊に入る。作曲家のシャルル・グノーに楽の才能を認められた。同時に絵の才能にも恵まれていたが、13歳の時家が貧しいため学校へは行かず、陶器絵師の弟子になる。絵付けの仕事をしながら、夜間のデッサン学校に通った。二十歳頃よりルーヴル美術館によく通うようになり、ルーベンスやフラゴナールらの作品を模写するようになる。教会堂などの装飾に従事しながら、お金をため、国立美術学校に入学し、モネやシスレーらと交わり、印象派運動に加わった。コロー、ドラクロアの影響を強く受ける。1864年サロンに初入選、翌年は2点が入選したが、生活は苦しかった。
1874年ルノワールのアトリエに集まったドガ、モネ、セザンヌ、ピサロ、シスレーらを中心に第一回印象派展をひらいた。ルノワールの描いた裸婦像が発表された時、印象派への酷評で知られるジャーナリズムは「紫・緑の斑点がある腐敗しかかった肉の塊」と評したそうです。
その後印象派展は1886年まで8回開催された。

c0039644_22191922.jpgc0039644_2221494.jpg


1881年のイタリア旅行でルネッサンス美術にふれ印象派のもつ温かさと、古典主義を融合させ、独自の色彩を用い、「色彩の魔術師」と言われ、数多くの名作を残しました。

1890年に結婚して3人の息子を設けた。これ以降生活も安定、政府からレジオン・ドヌール章も与えられたが、、病魔(リュウマチや痛風等)に蝕まれて体は不自由となり、南仏カーニュに家を建て(現在ルノワール美術館となっている)すごすようになります。
1819年肺うっ血のため78歳で亡くなりました.


c0039644_2315122.jpgc0039644_2321375.jpgc0039644_2325624.jpg


ルノアールの魅力は豊満な裸婦像でしょうか。私には昔ルノアールの絵を見るのが恥ずかしかった時期がありました。今では結構好みかも。ルノアールは裸婦像において芸術における理想の美を求めたと言われている。ルノアールは豊満な裸婦像で悪名を馳せ、描き続けることで名声を確立した。

c0039644_2311198.jpgc0039644_23114554.jpgc0039644_23121459.jpg


結婚して子供を持ったルノアールは父親としての目から数多くの子供の絵も描いている。それがまた愛くるしいのである。ルノアールの絵には安心してみていられる大らかさを感じることができる。
[PR]
by shou20031 | 2005-06-04 22:13 | 芸術

<< ヤング・アゲイン・イン・アメリカ      窪 俊満(くぼ しゅんまん)に... >>

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧