中国歴史小説と幻想的な恋の話


モモに自分の生き方を考える。

c0039644_1857432.jpg「モモ」   ミヒャエル・エンデ
miyanboさんのお勧めでずっと気になっていたミヒャエル・エンデの「モモ」を一気読みしてしまいました。
 
  作者のエンデが伝えたかったのは、”時間”に対しての考え方なんだと思います。それは豊かさへの提言でもあるのでしょうか。人は何を”豊かである”と考えるのでしょう。
  
  昨今流行のスローライフの勧めなんでしょう。この本を読まれて皆さんはどう感じたのでしょうか?人それぞれ感想は違ってこそ面白いと思うのです。その時その人が何を考えているのか、何を悩んでいるのかによって正反対の感想があっても良いのだと思っています。

 私は自分自身の夢に対する考えでした。自分の心の中にあるものは決して他人との比較であってはならないと言う事と、そして・・・これ以上言っても恥ずかしいので言わずにおきます。あとは自分が何をするかだけですから。

 皆さんは何を感じたのか、人それぞれ違うはずなのです。たぶんそれが個性でしょうから。
肩を叩いてくださったmiyanboさんありがとうございます。皆さんのお勧めの本をぜひ紹介して下さい。お願いします。
[PR]
by shou20031 | 2005-05-21 19:01 |

<< 雲谷等顔に希薄になった家との関...      不遇な時代を飛躍の時に変えた ... >>

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧