中国歴史小説と幻想的な恋の話


不遇な時代を飛躍の時に変えた  鳥居清長

c0039644_19406100.gif

美人浮世絵師 鳥居清長(1752-1815)

江戸木材木町の本屋の家に生まれる。本姓は関口。名は新助、後に市兵衛と名を改める。役者絵で名高い鳥居派の鳥居清満の門下となり、鳥居清長と名乗るようになる。
最初のうちはあまり認められることもなく、絵師として不遇時代を過ごす。その間に鳥居派から離れた独自の画風を開拓。安永末頃から美人画で認められ始めるようになる。天明年間は彼にとって絶頂期で、多くの健康的な美人画を残した。 清長にとって不遇な時代は飛躍への大切な準備期間であった。我々は自分の不遇をただ嘆くだけで過ごしていないだろうか?やがて清長の努力は報われる。師の清満には多くの弟子がいたにも関わらず、清長は鳥居派4代目となり、従来の美人画とあわせて、役者絵や芝居小屋の看板絵などを手がけることとなる。
c0039644_2343315.jpgc0039644_2374525.gifc0039644_239380.gif


春信以降の美人画には、春信の影響が多く見られたが、清長は独自の美人画を開拓した。彼の美人画には鮮やかな色彩と健康美があり、歌麿の美人画が登場するまで清長の画風が美人画の主流となっていった。また、大判の3枚続きの形式は清長の美人画によって認められるようになり、それによって大画面で鮮やかな錦絵が描かれることとなった。
c0039644_23111524.gif

[PR]
by shou20031 | 2005-05-20 21:15 | 芸術

<< モモに自分の生き方を考える。      描き出された時間 >>

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧