中国歴史小説と幻想的な恋の話


私も美術館でボランティア

c0039644_22152396.jpg私も美術館でボランティア淡交社
最近美術館に通っているせいか、美術館に関しての本を読んでみた。展示室の角に座っていたり、入り口で案内しているのはアルバイトなのかと思っていたが、中にはボランティアの方がいるらしい。全国に一千以上の美術館があってもボランティアを採用しているのは3割程度なのだそうだ。経費削減の観点から考えればもっと活用してもいいのにと思うがそれぞれの考え方があるらしい。
読んでいるうちに近所の美術館でボランティアしたくなった。せこい考えだか美術館でボランティアすればただで見られるじゃないかと思ったのである。ところがボランティアになるにはそんなに簡単ではないらしい。それぞれの美術館の主宰する研修会に参加したり、論文や面接を経てなれるのだそうだ。驚いた。どうやら入館料金払っているほうが楽らしい。
[PR]
by shou20031 | 2005-04-25 17:11 |

<< 五十歳にして全てを捨てて文人と...      信じること >>

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧