中国歴史小説と幻想的な恋の話


英雄アルキビアデスの物語



c0039644_22162250.jpgc0039644_22164657.jpg








英雄アルキビアデスの物語(上下巻)を読んで

実在のアテネの英雄アルキビアテスの波乱万丈の物語である。私は知らなかったけれどアルキビアデスはソクラテスの弟子でも友人でもあった。アテネの人々はアルキビアデスの美貌と才能を愛した。しかし冤罪によりアルキビアテスの死刑が決まると、アルキビアデスはスパルタに亡命する。まだローマ帝国が成立する以前のギリシャ文明華やかりし頃のアテネとスパルタも戦いの物語である。正直最初はあまりに多くの登場人物に辟易した。物語は幾人もの登場人物にアルキビアデスを語らせていく手法を取っており、テンポもいいので物語が流れ始まると面白くなって一気に読んでしまった。イギリスの歴史小説家サトクリフの名著である。他の作品も読んでみたいと思った。

人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」
[PR]
by shou20031 | 2005-04-10 22:24 |

<< 英一蝶(はなぶさ いっちょう)...      棘 >>

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧