中国歴史小説と幻想的な恋の話


今夜は交渉術に関して

ヤクザも唸る「いい人」のための裏切りの実戦心理学

人気blogランキング
訪れた方はここをクリックして下さい。
「小説・詩の部門」

c0039644_2323239.jpg

まず著者の向谷匡史氏が「いい人」とは相手にとって都合のいい人と定義している。
「いい人」は自分の評判を気にするから自我を殺し、腹が立っても笑って許す。
憎まれっ子が世に憚り、「いい人」は踏み台にされ、恩を仇で返され、縁の下で朽ちるのだそうだ。そうならない為に著者は「いい人」に対して踏み台にされたり、恩を仇で返されないための裏切り方を、初級、中級、上級とわけてその裏切り方を説いている。
「いい人」と普段から言われている人は必見の書ではないだろうか。
幸いにして「人の悪い」と噂される私は中級まではあまり参考にならなかった。サラリーマンの常識レベルでした。流石に上級は少しですが参考になりました。


c0039644_9401111.jpg
まだ読んでいないのですが会社の上司との人間関係に悩んでいる方には必読かもしれません。上司だけでなく部下との関係にも活用できますよね。この本を読んだ部下にどう対応するか中間管理職にも効果的かもしれません。
だれか読後感想聞かせて下さい!!



尚、著者の向谷氏は「銀座ナンバーワンホステスはどこに眼をつけるのか」
             「図解 ヤクザの必勝心理術」
             等々がある。
[PR]
by shou20031 | 2005-04-01 23:55 |

<< 最近はまっている図解シリーズ      たまにはビジネス書を読む >>

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧