「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

中国歴史小説と幻想的な恋の話


ポール・セリュジエ

東京に来ていたオルセー展を見てこの人を調べてみました。
ポール・セリュジエ(Paul Sérusier,1864年-1927年)はフランス・パリ出身のポスト印象派の画家。ナビ派の一員として知られています。1885年にアカデミー・ジュリアンに入学。そこで出会ったモーリス・ドニ、ピエール・ボナールらと共にナビ派を結成。ポール・ゴーギャンに強い影響を受けて新しい絵画技法を探究した。、ゴーギャンに直接の手ほどきを受けて『タリスマン』を描き、この作品はナビ派に取って象徴的な意味を持つことになった。・・・とまあポール・セリュジエの紹介となります。

正直彼の絵をゴーギャンの作品と見間違えました。それからセリュジエの事を調べたのです。ナビ派はちょっと幻想的でロマンチィックな絵を描きますから女性のファンが多いのではないでしょうか。


c0039644_2219335.jpgc0039644_22202056.gif
[PR]
# by shou20031 | 2007-04-30 19:13 | 芸術


ウジェーヌ・ブーダン

Eugene Boudin
空と海の画家と言われるウジェーヌ・ブーダン(1824年-1998年)フランスのノルマンディー地方の海辺の町オンフールに船乗りの 子として生れました。奨学金を得て絵を3年間パリで学びましたが、ほとんど独学でありました。画面の3分の2は空を占める絵がブーダンの特徴でありました。船を描いた作品も多く、私は帆船の絵が好きでブーダンの名前をしりました。
ブーダンの最大の功績はモネの才能を発見して油絵と戸外で絵を描くことを教えたことでした。ブーダンは第一回の印象画展にも出品しています。
ブーダンの生まれたオンフレールの町にはウジェーヌ・ブーダン美術館があり彼の作品を展示しています。十年前に渋谷の文化村ミュージアムでブーダンの作品展が開かれています。ちなみに音楽家のエリック・サティーもオンフレールの生まれです。
c0039644_20414954.gifc0039644_2253057.jpg
[PR]
# by shou20031 | 2006-12-04 18:50 | 芸術


オルセー美術館展

c0039644_21422971.jpg
神戸に行く機会がありましたので神戸市立博物館でやっているオルセー美術館展を見てきました。マネ、モネ、ミレー、ルノアール、セザンヌ、ゴッホなどでオルセー美術館所蔵の印象派を中心にその前後の時期に活躍した画家の作品がオンパレードでした。
一番感動したのはドガの女性の顔のデッサンでした。あまりにも素晴らしいデッサン力に言葉を失いました。
来年一月から東京都美術館で開催予定です。
神戸の街を古い建築を中心に海岸に近い地区を見て回ったのですが普段の運動不足を痛感しました。普段より少しだけ歩きまわっただけなのですが、足が張って大変でした。しかし三宮は新宿とは違いオシャレな街でした。
c0039644_22313889.jpg

それと今はブログを休止中ですが以前は私のところにも来ていただいていたtoothtoothさんのお店に行って来ました。三宮、生田にお菓子の店で3店(三宮そごうの地下も)とレストラン1店の店先を全て拝見して来ました。タルトフィグは美味しかったです。それぞれが素敵なお店でした。
[PR]
# by shou20031 | 2006-11-28 22:03 | 芸術


浦上玉堂展

c0039644_182668.jpg先日実家に線香を上げに行った折に千葉市美術館で浦上玉堂展をやっていたので見てきました。
浦上玉堂は以前ここでも書いたのですが、五十代にして武士を捨て文人墨客として生きる事を選んだ彼の生き方には自分としても戦慄するものを感じました。
我々サラリーマンはいつかは引退して自由人として行きたいと願うものですが、玉堂はこれほどの才能を持ちながらも生活には苦労していたようです。
今の自分を振り返るとまだまだ駄目な自分に歯軋りをするばかりです。

展示してある作品に関しては十分に満足させていただきました。しかし、狭い空間に沢山の作品を展示しているために少し食傷気味になった気がしたのは残念です。まさにポスターのような状態で展示されていました。上の階で所蔵展をしていたので仕方ないのかもしれませんが、もう少しゆったりしたスペースで展示して欲しかったです。
所蔵展にありました歌麿の肉筆画「納涼美人図」は素晴らしかったです。
千葉に行く機会がありましたらぜひ見ることをお勧めします。
c0039644_18243747.jpg


どしてもコメント欄に変なものが毎日数十件ずつ書き加えられてしまいます。申し訳ありませんが暫くの間コメント欄を閉鎖させていたがくことをご了解ください。管理不足で誠に申し訳ありません。
[PR]
# by shou20031 | 2006-11-05 18:02 | 芸術


美術館商売

長い間ご無沙汰しております。私は現在地道に創作活動を続けております。
無責任にも長い間放置していた結果、コメント欄がいかがわしいコメントに占有されている状態になってしまいました。
かえすがえすも我侭をお許しください。
時間を見てまた復活したいと思っております。
これから寒くなって行きますので、皆様もお体にはくれぐれもお気をつけて下さい。
それではまた。


c0039644_17362666.jpg美術館商売  安村敏信著


著者は板橋区立美術館の現役の学芸担当係長です。最初から言ってしまいます。面白いです。板橋区立美術館は小さな美術館ですがとても特色ある企画展をしていて大好きな美術館です。

昨年「江戸の狩野派」と言う企画展を見に行きましたが、この企画展はこれまで展示された「江戸狩野派の変貌」「狩野派の屏風」「どんどん見せます。狩野派」の延長戦にある企画展だったのですね。以前の展示も見たかったな~

 ここの美術館の展示はユニークでガラス越しではなく直接作品を見える露出展示など工夫を凝らしているのですが、欧米ではガラスで仕切られているほうが珍しいのだし、スケッチしていても注意されないのですよね。読んでいてもう一歩踏み込んで欲しい気がしました。でも売れ残った図録も5年以上前のものは半額になったりしていて、私も思わず買ってしまいました。最近はミュージアムグッズも増えてはいますが、どこにも同じようなものが売っているような気がします。各館特色あるグッズの開発なんかも必要なんじゃないかなって思ったりしました。まあ美術館の内側での苦労を見させていただきましたが、やはり日本は役人が庶民に美術品を見せてやってるぞって気持ちが抜けていない気がするな~

読んでいて思ったのですが、美術館は学芸員の研究発表だけの場所でないわけですから、入場料を取るのだったらその金額によって企画した学芸員のボーナスが変わったりしていいのではないかと思うのは俺だけかな?いくら価値ある企画でも一日の入場者が百人程度だったらそれは税金の無駄使いだと思うのですよね。ちょっと過激だったかな?

美術館の内側を知るには面白い本でした。★★★です。
[PR]
# by shou20031 | 2006-11-05 17:34 |


江戸の料理と食生活

c0039644_944538.jpg江戸の料理と食生活 原田信男 小学館


資料として借りたのですが、とても面白いのでお勧めします。写真や図版が多くて眺めているだけでも面白いです。たぶんお近くの図書館にあると思いますので確認してみた下さい。

流通の発達していなかった江戸時代どんな食材があったのだろうかと思って借りた本なのです。スーパーに行けば一年中豊富な食材を手に入れることができます。本を読んでいくと江戸時代の人々は旬の食材を使って我々よりも豊かな食生活をしていたのではないだろうかと思えて来ました。皿の上に乗った野菜や魚で季節を感じ、それが茶の間の話題になるなんてこと自分の家であるのだろうかと思い返してしまいました。初物を食べると寿命が延びると言うように江戸では初物を手に入れるのに異常な執念を燃やしたようですね。有名なのは初鰹。初酒(酒だって旬があるのです)、初蕎麦、初鮎、新茶、初茄子などだそうです。そのため江戸の近郊では初物野菜が高く売れるために促成栽培をしていたとか、促成栽培した野菜を「もやしもの」と称して一時は売買を禁じられたとか、読んでいて興味は尽きないのです。お金さえ出せば何でも手に入れられる今は江戸時代よりも本当に豊かなのでしょうか?

「豆腐百珍」と言う本もあるように一つの素材を様々に料理して楽しむ時代だったのでしょうね。「鯛百珍」「芋百珍」「蒟蒻百珍」など百珍ものがシリーズ化されて出版されるほど料理本も流行っていたそうです。
 それと鶏肉は普通に食べられていたみたいですね、四谷には獣肉の市もあったそうなのでこれまでの認識を変えないといけないようです。
 
興味のある方ご一読をお勧めいたします。★★★★です
[PR]
# by shou20031 | 2006-07-15 08:14 |


君はレオナルド・ダ・ヴィンチを知っているか

c0039644_18392352.jpg
君はレオナルド・ダ・ヴィンチを知っているか 布施英利 
ちくまプリマー新書

レオナルド・ダ・ヴィンチと言えば「モナリザの微笑み」ですよね。後は天才科学者だったこと。二十年前にダ・ヴィンチの素描展と言うのを見た記憶があります。
 ダ・ヴィンチは私生児であったことは知らなかった。さらには芸術家にありがちな女性との噂が極めて少なく一度も結婚もしていないのだそうです。しかもかなりのイケメンだったようでしばしば文献に彼の美貌が書き残されているのだそうです。しかも同性愛だったらしいと言うちょっとショックな記事もありました。
 宗教画以外に女性を描いた絵は「モナリザの微笑み」「ジネヴラ・デ・ベンチの肖像」「白貂を抱く貴婦人」の三点なのですが「モナリザ」以外の女性の表情があまりにも硬すぎるのです。女性の持つ優しさを全く感じられないのです。だからホモと言うわけではないのでしょうが・・・・確かに「モナリザ」以外の女性の肖像画は本当にダ・ヴィンチが描いたの?って言うくらい酷いのです。宗教画の女性の表情は凄く優しいのに本当に不思議です。「微笑みの謎」にも触れるのですがこの文章はちょっと凡庸かな。
 
 さらにはダ・ヴィンチは何故死体を解剖して絵を描いたのか?子宮の中の胎児の姿まで描いてある。つまりそれはどう言う事なのかとか。ちょっと鳥肌が立つような話題もあります。科学者としてのダ・ビンチに触れています。
 
 ダ・ヴィンチの絵が所蔵されている美術館の話題から世界で一番美しい美術館かどこであろうかと言う話になって筆者はロシアのエルミタージュ美術館ではないかと書いてあったのが、私の行ってみたい病に火を付けました。ニューヨークの次はエルミタージュ美術館に行きた~い!

レオナルド・ダ・ビンチを再確認するのにちょうど良く、あっさりと読みきれる量です★★★です。



一緒に借りた本「モナリザへの旅」 中丸 明
1911年「モナリザの微笑み」が盗まれた話から始まり、有名な盗難事件の内容から「モナリザ」が描かれたルネッサンスの背景まで面白可笑しく書いてあります。ダ・ビンチが同性愛だったことは有名だったのですね~ボティチェリもそうだったのだそうです。裁判の記録があるって言うのが説得力があります。クリスチャンには文句を言われそうですが各地に残っている聖母マリアのモデルは高級娼婦であったと言う話も驚きです。
[PR]
# by shou20031 | 2006-01-21 20:10 |


バーンズ・コレクション


c0039644_12252281.jpg印象派の宝庫 バーンズ・コレクション  講談社

念願のバーンズ・コレクションの本が図書館から借りれました。これまでの画集と違って一枚ごとに解説が付けてあり楽しく読めました。関係のある作品の解説もあって美術の教科書のようでした。バーンズの目指した教育機関としての美術館の意志を継いでいるのでしょうか。一枚一枚の画の解説を読んでいるだけで楽しくなります。

あまりにも有名なルノワールの裸婦の絵のオンパレードです。ルノワールの描く女性はふくよかでどこか幼い表情があります。少しお肉がついた彼女達の姿を見ると、いつの時代から痩せている女性が美しいとされたのか不思議に思えます。私もルノアールの描く女性のほうが好きなんですね。女性の持つ優しさとか美しさが存在感のある姿で描かれている気がします。現代の痩せて胸だけ大きなグラビアアイドルを描いても名画として残らなかった気がするのは私だけなのでしょうか。

セザンヌの絵と言えば応接室に飾られたフランスの長閑な郊外を描いた風景画か、テーブルに並べられた果物を描いた静物画でしょうか。私が始めてセザンヌの静物画を見たイメージはフランスの林檎は赤みが少なくて美味しくなさそうだなと思った記憶があります。バーンズ・コレクションにはセザンヌの人物画がありますが、まるで林檎を見たときの印象のように不健康な顔色なのです。そこには私の計り知れない深い芸術性があるのでしょうが、セザンヌの描く人物画はうちの応接室には飾りたくないですね。

女性と言えばロートレックの描く女性はどこかアンニュイで煽情的なイメージで欲望を掻き立てられます。場末の女性を描き続けたロートレックはいつだって男の本音が感じられます。そしてパリでロートレックに強い影響をうけたピカソはキュービズム以前の青の時代とばら色の時代の絵が紹介されていました。マティスの豊かな色彩と優しい線に心を癒されるのは私だけなのでしょうか。しかしマティスしても時代によって描く色が違っているのに気がつきます。

どこかの古本屋さんで探して来て一冊手元に置きたいくらい素晴らしい本なのです。でも重たいのが難点ですね
念願の本だったので★★★★です。たぶん図書館にあると思います。

そう言えば渋谷のBUNKAMURA美術館で箱根にあるポーラ美術館の印象派展をやっていました。大阪国際美術館では印象派を中心とした「プーシキン美術館展」をやっています


一緒に読んだ本「悪魔と呼ばれたコレクター バーンズ・コレクションを作った男の肖像」 小学館
[PR]
# by shou20031 | 2006-01-15 15:25 |


にせもの美術史

c0039644_10543986.jpg鑑定家はいかにして贋作を見破ったか「にせもの美術史」 トマス・ホーヴィング

ニューヨーク メトロポリタン美術館の館長を勤めた著者が実際に体験したり聞いた贋作の話です。
贋作作りはギリシャ、ローマ時代からあったそうです。そこには優れた芸術品を欲する旺盛な購買層が存在したのだそうです。後に有名になる芸術家は若い時に優れた作品を模倣します。これがサインのないまま市場に出てしまうこともあるそうなのです。意図せずして贋作となった作品もあるのですね。

メトロポリタン美術館に持ち込まれる作品はコレクションの寄贈か美術商が持ち込むもの競売で競り落とすものなど様々なのですが、贋物にも見事な来歴があり、これを見分けるのが実に至難の業なのです。ひとつひとつの話が実に面白く、まるでサスペンス映画のようです。ヨーロッパ各国の輸出規制をかい潜り密輸までして、メトロポリタン美術館に持ち込まれる作品が実は贋物だったり、読者を飽きさせません。そこには贋物を売ろうとするプロと名作を手にいれようとするプロの目には見えない激しい戦いがあるのです。

この本ではないのですが、ミケランジェロもメディチ家と組んで贋作を作った話を読みました。ミケランジェロの贋作だとすれば今ではそのうほが価値があるのでしょうか?

一つ一つの話がとても面白く星★★★★です。



「骨董にせもの雑学ノート」 佐々木三昧 ダイヤモンド社
この本は昭和初期に発行された本で長い間骨董品屋さんのバイブル的な本であったのをダイヤモンド社が復刊したもの。したがって中に書かれている美術品の価格表示は昭和初期の価格です。日本版の「にせもの美術史」も面白いです
[PR]
# by shou20031 | 2006-01-08 11:45 |


ホルスト・ヤンセン展ー八王子夢美術館

c0039644_10294180.jpg
「ホルスト・ヤンセン展」に行って来ました。


「ホルスト・ヤンセン展」 北斎へのまなざし・・・・正直「ホルスト・ヤンセン」良く知りませんでした。このキャッチコピーの北斎への眼差しに引かれて見に行きました。
見た感想は正月早々えらいもの見たな~って感じです。正月ボケしていたので絵でも見て気分を変えようと思ったのですが、暗くなってしまいました。芸術家や評論家はきっとヤンセンの高い芸術性を評価するのでしょう。私は評論家ではないので思った事を勝手に書きますが、ヤンセンは狂気と正気の間で作品を作っていたのではないでしょうか。ヤンセンの中の悩みや苦しみが全て作品に出ているような気がします。私には苦悩の作品としか見えませんでした。

ヤンセンは私生児で、若くして近親者の死を多く目にしています。彼の作品の中にはその悲しみを見るような気がするのは私だけなのかな?しかし、彼の作品を見ていると人間が誰でも持っている陰を正面から見詰めていたのではないかと思えてきました。私の場合陰の部分は人にも見せたくないし自分でも見ないようにしています。ヤンセンはそれを私に突き付けてくれたのです。”おまえの中の陰を忘れてはいけない”今日は哲学的です。興味があったら見て下さい
八王子夢美術館のホームページ


美術館の帰りに風邪を引いてしまいました。体育会系虚弱体質なのです。正月からいきなりこれでは先がおもいやられます。
[PR]
# by shou20031 | 2006-01-05 22:17 | 芸術

    

永遠の愛ってあるのだろうか
by shou20031
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


人気blogランキングへ
訪問された方は上をクリックして下さい。励みになります.
{小説・詩の部門}
クリックは一人一日一回のみ有効です。


翔へのご連絡は
shou20031@
excite.co.jp
カテゴリ
以前の記事
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧